前へ
次へ

夏の日焼けは肌の老化の原因です

紫外線には害があるので、最近では小学生や幼稚園児にも日焼け止めを塗らせるそうです。
昔は「若いうちならこんがり焼いてもいい、その代わり年をとったら自重しないと肌が老ける」という認識だったように思います。
今では若いうちからなるべく肌を焼かないようにするのが一般的で、欧米では日本よりも早く子どもの日焼け止めが普及していたようです。
肌のターンオーバーは年齢とともに鈍くなるので、日焼けするとシミがいつまでも残ってしまいがちです。
日焼け止めを塗るのはもちろんですが、朝塗ってそれきりではなく、こまめに塗り直さないと意味がありません。
外出時にも日焼け止めを持ち歩き、汗をかいたらしっかり塗り直しましょう。
そんな暇はないというなら、スプレー式のものもあるので工夫すると良いです。
日傘も一般的になってきましたので、外出時にはなるべく使用しましょう。
運転する人なら長い手袋で手や指、肘までガードすると長時間でも安心です。

Page Top